スバル、ダウンサイジングの波に乗り、6気筒エンジン「ボクサー6」をフェーズアウト?

Ads by Google

スバル新型アウトバック

海外メディアが伝えるところによると、スバルもダウンサイジングを進める中で、大排気量自然吸気6気筒エンジンをやめる方針のようです。

CarAdviceによると、世界の潮流に合わせるように、スバルもより効率的な2.0リットル4気筒ターボエンジンを中心に、ディーゼルエンジンとハイブリッドを組みわせて提供するようです。

スバルの関係者も、スバルが提供するボディーサイズでは、2.0リットルターボエンジンで十分だと話しているそうです。

“In terms of the body size, a 2.0-litre with a turbocharger is enough, I think,” he said, and the case is true – there is a 2.0T version of the Outback, but it is only sold in China due to a tax issue.


ディーゼルエンジンにも力を入れるようで、プラグイン・ディーゼル・ハイブリッドも開発中と噂されています。

“We are still looking for the best engine – not only for the bigger one, but also a smaller one. So we didn’t decide yet. We still looking for the new technologies,” he said, indicating the 2.0-litre diesel will likely be adapted to run in two states of tune – one focused on more power, the other, better economy.

Rumours suggest Subaru is also working on a plug-in hybrid version of the diesel engine, but Hori gave little away on such a drivetrain being under development.


この記事を読んでも、「これが理由だ」という明確な点が抜けているように思うのですが…。しかも、3.6リットル6気筒が残っているのは、2.0リットル4気筒ターボよりもコストパフォーマンスが良い点である、とまで書かれています。うーん。

Subaru set to follow downsizing trend : Japanese brand could phase out six-cylinder, expand diesel engine range

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする