マツダ、アクセラ ハイブリッドに安全装備などを追加

Ads by Google

axela-sedan

マツダは、アクセラのハイブリッド車に衝突被害軽減ブレーキであるSCBSを標準化するなどの安全性の向上の他、装備を見なおして11月20日より発売すると発表しています。

今回発表されたアクセラ ハイブリッドの変更内容の一部

「HYBRID-S L Package」

  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御を標準装備化
  • 215/45R18 89Wタイヤ&18×7Jインチアルミホイールを標準装備化
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)と「車線逸脱警報システム(LDWS)を標準装備化

【メーカー希望小売価格】270万0000円→281万3400円(11万3400円値上げ)

「HYBRID-S」

  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御を標準装備化
  • 215/45R18 89Wタイヤ&18×7Jインチアルミホイールをメーカーセットオプションに
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)と車線逸脱警報システム(LDWS)をメーカーセットオプションに

【メーカー希望小売価格】257万0400円→258万6000円(1万5600円値上げ)

new-axela-hybrid

「HYBRID-C」

  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御を標準装備化
  • 自動防眩ルームミラーおよびクルーズコントロールを標準装備化

【メーカー希望小売価格】244万0800円→247万3200円(3万2400円値上げ)

new-axela-hybrid-c

以前行われた「マツダ、アクセラにMRCCなどを装備した「15S Touring」を追加。既存車種の安全装備も見直し」と似たような内容になっています。私が言いたいことも同じように「なぜ、発売当初からこれらの安全装備を設定できなかったのか」です。しかも値上げしているのだから…。

【MAZDA】「マツダ アクセラ」ハイブリッド車を一部改良|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする