マツダ新型デミオ試乗レポート、 「ハンドリングにはもっとこだわりが欲しい」

Ads by Google

淡々とハンドリングがダメだ、と言い続ける試乗レポートです。これまでの流れの中では珍しいですが、こう言うのもあって当然、かな。

多くが手放し大絶賛の新型デミオだが、個人的には完成が100だとすると、70と評価する

デミオのここがダメ

  • 転舵した前輪が素直に応答を示さない。直進し続けるクルマに舵角を与えても姿勢の反応が鈍い、とそんな印象だ
  • ブレーキによる荷重移動で前輪に荷重を乗せた状態まで作り、それでようやくノーズダイブしたかな? 程度の動きで曲がる。
  • ともかくフロントサスペンションのストローク感を感じさせない。
  • 単調なテンションのクラッチペダルのフィールにチューニングという言葉は使えない
  • アクセルもストロークが短く、ストローク変化もない味気ない足応えだ

今後に期待

発売後も確実に進化させてきた実績のあるマツダだけに、この流れに引き戻すことを期待する

新型マツダ・デミオ 「ハンドリングにはもっとこだわりが欲しい」 レポート:桂伸一 | Auto Prove

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする