ソニーがオリジナルフォント「SSTフォント」を開発し、さまざまな製品に導入予定

Ads by Google

こう言ったところが、ソニーらしいといえば、ソニーらしいですね。すでに、商品パッケージや取扱説明書、ソニーの一部ウェブサイトで使われています。

文字の読みやすさはとても重要です。また、「フォント(書体)」の印象は商品のイメージだけでなく体験そのものに影響を与える大切なデザイン要素。ソニーが提供する商品そのものの価値や体験の質をさらに高めるためには、フォントのデザインにまでこだわる必要があると考えました。また、ソニー独自のフォントを開発することで、広告やwebサイトだけでなく、店頭でのプロモーション、商品、サービス、取扱説明書に至るまで、ユーザーとのあらゆるタッチポイントでソニーならではの共通の感動体験を提供できるはずです。

Sony Japan | Sony Design | Design Projects | SST Type Project


ソニーのホームページをキャプチャーしました。

ソニーの「SSTフォント」

ソニーの「SSTフォント」

ちょっと平仮名がピンと来ない感じもしないではないですが、93ヶ国語に対応したSSTフォントを使うことで、どの国の人にもソニーが目指すユーザー体験を共有できることになります。

Xperiaにも導入される予定とのことですので、楽しみに待ちたいと思います。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする