ドライバーとしての”UP by jawbone”の使い方

Ads by Google

UP by JAWBONE

UP by JAWBONE

Up by jawboneは、ライフログリストバンド…「アプリとリストバンドで運動・睡眠・食事を管理
生活習慣を見直して、より健康的な毎日を」という謳い文句のデジタルガジェット。

発売日から使用しています。完全に「新しもの好き」ですね。
最初は、食事の栄養素を細々と付けていたのですが、あまりに不効率なので早々に止めてしまいました。
今は、自動的に記録される「睡眠の質と量」「歩数計」の機能を主に使っています。

ただ、ドライブにも役に立つことがあります。
「アイドルアラート:活動していない時間が続くと知らせてくれる機能」を使って、定期的に運転を止め休憩を取るようにしています。今は、1時間運転を続けると、UPがブルルルと振動する設定です。

アイドルアラート

アイドルアラート



道路に設置されている電光掲示板に、「2時間おきに休憩を取りましょう」と書かれているのを見かけますよね。それよりも短めにしています。

ブルルルっと振動してすぐに車を止めるスペースがある訳じゃないですからね。
たいていは、最寄りのトイレのあるパーキングかコンビニをさがすようにしています。

以前は、結構ノンストップで4時間くらい走り続けることもありましたが、今は、それに比べるとこまめに休憩するようにしています^^;

ちなみに…
以前乗っていたレガシィB4 SI-Cruise Limitedでは、運転開始から2時間を経過すると、メータに注意が表示されました(外気温が4℃以下になると凍結注意が表示されました)。
ドライバーへの気配りとしては、i-DMよりもよっぽどこちらの方が効果的だと思います。この辺りに安全思想(ちょっと大袈裟かな)の違いが見られますよね。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする