ホンダ、一般公道でも走れるレーシングマシン「RC213V-S」を7月から発売

Ads by Google

RC213V-S

ホンダは、MotoGPマシンに必要最低限の変更と追加を行い公道走行を可能とした「RC213V-S」を7月13日から発売と発表しました。

Hondaは2013年・2014年のFIMロードレース世界選手権(以降 MotoGP)のMotoGPクラスにおいて2連覇を達成した競技専用マシン「RC213V」の一部仕様を変更し、一般公道での走行を可能とした「RC213V‐S」の商談受付を7月13日(月)より開始します。

一般公道の走行が可能な「RC213V‐S」の販売予定地域は欧州・米国・豪州・日本となり、メーカー希望小売価格は、欧州税込188,000ユーロ(ドイツ※1)、日本税込21,900,000円、オーストラリア税込244,000オーストラリアドル、アメリカ184,000USドルに設定しています。

Honda | Honda MotoGP参戦マシン「RC213V」を一般公道で走行可能な「RC213V‐S」として発売予定

上の動画は、「公道走行可能なレーシングマシン」というコンセプトがとてもわかり易く作られていますね(わざとらしいw)。ところで、税込21,900,000円って安いの?

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする