Xperia X(F5121) / X Performance(F8131)は国内でも使い勝手が良さそう

Ads by Google

Xperia-X-all

ソニーがMWC2016で発表した新しいミドルレンジの「Xperia Xシリーズ」はグローバルモデルも日本国内で使い勝手が良さそうです(XAは除く)。

遂にFOMAプラスエリアとLTE800MHzに対応

ソニモバからホワイトペーパーが、公開され詳しい対応バンドが分かりました。この対応バンドは、自分にとって大きなトピックです。

Xperia X Performance(F8131)の対応バンド

  • UMTS HSPA+:800 (Band VI), 800 (Band XIX), 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1700 (Band IV), 1900 (Band II), 2100 (Band I)MHz
  • GSM GPRS/EDGE:850, 900, 1800, 1900 MHz
  • LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 26, 28, 29, 38,39, 40, 41)

Xperia X(F5121)の対応バンド

  • UMTS HSPA+:800 (Band VI), 800 (Band XIX), 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1700 (Band IV), 1900 (Band II), 2100 (Band I)MHz
  • GSM GPRS/EDGE:850, 900, 1800, 1900 MHz
  • LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 19, 20, 26, 28, 38, 39, 40, 41)

これで、田舎道のドライブもインターネットラジオを快適に聴き続けることができます。

北海道でのドコモのサービスエリア
ドコモのサービスエリアLTE800MHzのエリアが広いなぁ、北海道は。

White papers – Developer World

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする