VAIO、2015年1月に日本通信と提携しスマートフォン事業に参入との報道(更新:正式発表)

Ads by Google

日経は、ソニーのパソコン部門が独立したVAIOが、来年1月にも日本通信と提携し、同社と共同開発した端末をもってスマートフォン事業に参入すると報じています。

端末はVAIOと日本通信が共同で企画・開発した。生産はEMS(電子機器の製造受託サービス)が手掛ける。画面サイズは成人男性が片手で持ちやすい5型前後になる見通しで、基本ソフト(OS)には米グーグルの「アンドロイド」を採用した。

端末を含む料金は今後詰めるが、通信費を含む2年間の平均利用料金が16万~20万円の携帯大手のスマホと、同7万~8万円の格安スマホの中間に設定する考えだ。家電量販店や情報システム構築会社、電子商取引(EC)サイトなど日本通信が持つ販路を通じて個人と企業に売り込む。

現在、格安スマホの端末提供メーカーは中国・韓国メーカーとベンチャー企業が中心。VAIOはデザイン性に優れた割安なスマホを発売すれば後発でも需要を取り込めると判断した。

独立「VAIO」、ソニーと競う 15年1月にもスマホ参入 : 日本経済新聞

日本通信と提携、という点が少し引っかかりますが、デザイン性に優れた割安なスマートフォンで攻めてくるということなので、期待したいです。これを機にソニーもSIMフリー端末を国内販売してほしいものです(来年5月になればSIMロックの意味も薄まるし)。

5インチのミドルスペックだと思いますが、来年1月って、あと1ヶ月以内にブツがお目見えなんですね!

すかさず、両社から正式に発表がありました。

このチャレンジ精神に富んだ両社は、〝モバイルネットワークを使ったコンピューティングの在り方を追求し新たな市場を創出する″協業の姿を思い描き、その結実した姿の一つとして、来月にもVAIOブランドのスマートフォンを日本市場に投入するプロジェクトを既に進めています。具体的な製品概要については、製品発売を決定した段階で、改めて新製品発表としてご案内申し上げます。

日本通信株式会社とVAIO株式会社が協業スマートフォンの市場投入を準備中

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする