Xperia Z4の噂。半年サイクル無し、曲面CMOS搭載、5.5インチWQHDディスプレイなど

Ads by Google

Xpeia Z3が発売された直後にXperia Z4(仮)の具体的な噂が出ましたね。私はスペック以上に「半年サイクルでの新機種投入」ではなくなる点に注目しています。

Xperia Z4の噂の内容

このAndroid Originの記事によると、噂の柱となるのは次の点です

  • Xperia Z3Xは存在しない
  • もう1年にフラッグシップを2機種リリースしない
  • 4GB RAM、曲面CMOSセンサー、32GBストレージ搭載
  • オムニバランスデザインを継承
  • 5.5インチWQHDディスプレイ搭載

(一応、過去に実績のある信頼のおけるソースからリークだそうです)

Xperia Z3Xは存在しない

6インチオーバーのディスプレイに曲面CMOS搭載など、ネタとしても興味深いスペックだった「Xperia Z3X」の存在を否定しています。そして、Z4は来年のMobile World Congressで発表され、3月にもデビューするだろうしています。

もう1年にフラッグシップを2機種リリースしない

Xperia Z4は、2015年にリリースされる唯一のフラッグシップとしています。
半年サイクルを止める主な理由は、フラッグシップが飽和状態である上に、6ヶ月で行える進歩がそれほど大きいものではなくなっているという事実からだそうです。Z2からZ3への変更を「quite marginal(本当にごくわずか)」と表現しています。

そりゃ、黎明期に比べれば短時間での進歩には限界があるでしょうけど、やらなくちゃいけないことはたくさんあると思いますよ。

4GB RAM、曲面CMOSセンサー、32GBストレージ搭載

リークされたスペックは、

    CPU:Snapdragon 810(64bit/2.8GHz/クアッドコア)
    GPU:Adreno 430
    OS:Android 5.0 Lollipop
    ディスプレイ:WQHD(2560 x 1440/5.5インチ)
    RAM/ROM:4GB/32GB
    カメラF/R:?/20.7MP(Curved Exmor RS CMOS)
    その他:LTE Cat.6、Bluetooth 4.1

この他、ハード面では、Qi対応ワイヤレス充電やUSB Type-Cコネクターの採用もあるかもしれません。

オムニバランスデザインを継承

Z4でもオムニバランスデザインを採用し、Z3ととても似ている(very similar)だとリーク元は言っているそうです。Xperia Z以来ずっと採用し続けていますが、これはこれで良いとしても、別なラインで違うデザインアプローチを見せるとかしないと、本当に飽きられますよ。ソニエリ時代のほうがヘンタイを含めデザインに幅があったと思います。

カメラはセンターに配置して欲しいです。やっぱり偏った位置だと美しくないです。

5.5インチWQHDディスプレイ搭載

リーク元は、ディスプレイがさらに巨大化し、iPhone6+並みの5.5インチ WQHD(2560 x 1440)を採用すると見ています。なぜか、フラッグシップ扱いされる機種は、どれも巨大ディスプレイを採用するんですね。ソニーの中の人が、売れるサイズは、5.2インチと4.7インチだと言っていましたが、巨大化しないと市場では勝てないと判断?
———
——

でかいディスプレイを持つ機種を作るのはいいんだけど、ファブレット、スマートフォン大、スマートフォン小とある程度の枠を守った上で開発してもらわないと、半ば強制的にでかい端末を使うのは勘弁です。

ディスプレイがでかい=高性能、と見る風潮はなんとかならないでしょうかね。

それはさておき、Z4で採用されるだろう曲面CMOSセンサーの出来栄えが楽しみです。ですが、未だにXperiaのカメラアプリはグリッド表示さえ出来ない、どこか抜けた仕様なので、ソフトウェア的にはもっと頑張って欲しいです。

あ!auの独自モデル路線はどうなるんだ?無くなるだけですよね(変に悪あがきしないように願いたいw)。

Sony Xperia Z4 Specs Leaked, No More Bi-Annual Flagship Releases [EXCLUSIVE]

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする