Xperia Z4への布石?変態仕様のXperia Z3v(D6708)

Ads by Google

てっきりXperia Z3の筐体を使ってベライゾン向けの端末を作ったとばかり思っていたら、古めのデザインのボディに最新仕様を詰め込んだものだったんですね。

Xperia_Z3v

ここにXperia Z3vとXperia Z3を比較した一覧表があります。筐体サイズ、重さ以外はほぼ同じですね。ステレオスピーカーやバッテリー容量からするとZ2ベースみたいです。ただ、Xperia Z2よりも少しずつ大きくなっているので、専用設計なんですね。さすがベライゾン。

blog of mobileによると、当初はZ2シリーズとして開発が進められ、途中から型番やシリーズが変更になったようです。なるほど。

Xperia Z3vの一番の特徴は、ワイヤレス充電Qi対応だと思います。Xperia Z2向けのワイヤレスチャージングカバーWCR12が、発表されるも発売が中止になった時にZ3がQi対応になるかもと見られた時もありましたが、結局Z3は従来のマグネット充電端子付きに。そしてZ3vがQi対応です。

比較的大きさに大きな変更を加えずにQi対応にできることが分かりましたが、18gの重量増加。軽さは正義だと思うのでこれは痛い。おまけにマグネット充電端子は無くなっています。
sony-xperia-z3vけっこうマグネット充電端子が、便利であり充電時間も満足できるものであり、対応アクセサリーもあったりするので、充電時間が長くなったり筐体温度が高くなったりする傾向のQiは、カバーなどによるオプション対応で十分だと思いますが、ソニーはZ4ではどのような仕様にするつもりなのでしょう。

ベライゾン向けって契約なしに買えるのかなぁ?(笑)それにしても、ベライゾンロゴが主張ししすぎ。ドコモ仕様が可愛らしく思えます(汗)。


Sony Xperia™ Z3v Flagship Smartphone to Launch in U.S. at Verizon Wireless | Sony Smartphones
Sony Xperia Z3v, hands-on: wireless charging, waterproof, PS4 gaming

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする