次期XperiaスマートフォンにFHD以上の解像度やキャップレスUSB端子が採用される可能性

Ads by Google

Phone Arenaが、とあるツイートをもとにソニーがXperiaスマートフォンでFHD以上の解像度を採用するかもしれないとしています。また、Xperia Z3発表の際のインタビューでキャップレスUSB端子についてもふれられています。

FHD以上の解像度について
このツイートも根拠にして採用の可能性を伝えています。

Sony Xperia Z4 might sport a Quad HD display after all


キャップレスUSB端子
マイナビニュース内のインタビューで、このような記述がありました。

Z3でデザインコンセプトの完成度が高められたことで、田嶋氏はユーザー層の裾野が拡大することを期待する。ちなみに、Xperia Zでは防水防塵性能のために端子類にキャップを付けていたが、イヤホンジャックがキャップレスになり、残るUSB端子のキャップレス化も検討しているという。すでにデザイン上のキャップレス化は可能とされており、「あとはデバイスの信頼性の問題」(田嶋氏)で、これをクリアできればキャップレス化ができるそうだ。

最終目標は1枚の板、ソニーモバイルが考えるZ系スマホのデザイン (2) デザインコンセプトは変わらない | マイナビニュース

ただ、キャップレスUSB端子になると、防塵性能とマグネットチャージがどうなるのかということが気になりますね。

この他、Android Lが64bit対応になるので、CPUもそれに見合ったものになるでしょうし、microUSB端子を新型に変更したり、曲面COMSの搭載したりとデザイン面以外のハードウェアの変更点は数多く控えていますね。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする