ドコモのXperia Z1が高いと言われていますが実は、維持費込みではauが逆転

Ads by Google

SO-01F

SO-01F

Xperia Z1をauとドコモで新規契約する場合、初期費用はドコモが端末の高い分だけ大きいですが、例えば毎月3GBしか使わないユーザーの場合は…。

新規契約 3GB/月のライトユーザーの場合

audocomo差額
端末代¥70,560¥89,040¥18,480
基本料金¥980¥780
ISP代¥315¥315
パケット代¥5,985¥4,935
割引¥-1,365¥-2,310
月額料金¥5,915¥3,720
1年維持費¥141,540¥133,680¥-7,860
2年維持費¥212,520¥178,320¥-34,200

端末代の差、¥18,480が一年使うと逆転して、¥7,860、auが高く付きます。二年使うとさらに広がって、¥34,200にもなります。auはスマートパスに入らないとして、毎月割を¥315減額しています。

auにもライトユーザー向けの低額なパケットプランがないと…ネットではよく見かける要望なのにauはまったく聞く耳持たずですね。

バリバリ使う人だと、12ヶ月だとドコモが高いですが、24ヶ月だとauが高くなります。

新規契約 普通に使うユーザーの場合

audocomo差額
端末代¥70,560¥89,040¥18,480
基本料金¥980¥780
ISP代¥315¥315
パケット代¥5,985¥5,985
割引¥-1,365¥-2,310
月額料金¥5,915¥4,770
1年維持費¥141,540¥146,280¥4,740
2年維持費¥212,520¥203,520¥-9,000

上記計算も、スマートバリューを使うと、逆転現象が起きません。うーーん。

初期費用だけでなく、維持費も込みで考えないとダメですよ…さらに、自分のテリトリーの電波状況がどうかも考慮しないと…ただ、これは自分だけでは確認できなませんが。

それにしても、ドコモの端末価格は高いですね。グローバル版なんて7万円ちょいで買えますよ。端末価格では、auが妥当な線といえます、ね。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする