SONY フラッグシップ・スマホ Xperia Z1、auに無事登場

Ads by Google
Xperia Z1 SOL23

Xperia Z1 SOL23

Xperia™ Z1 SOL23 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

本日の「au 発表会 2013 Winter」でXperia Z1 SOL23が、事前の噂通りに発表されました。カラーバリエーションもグローバルと同じ、白・黒・紫の三色です。

仕様や機能は、専門の記事に任せるとして、同時に発表された端末を見ながらちょっと感想を。

やっぱり、巨大で重い

5.0インチディスプレイとバッテリー3000mAhで幅74mm、重さ171gというは、毎日携行する機械としては、負担の大きな部類ではないでしょうか。LGL22は、5.2インチと2500mAhで、幅72mmだけども145gですからね。

ちょっとジャンルの違う、5.7インチディスプレイのGALAXY Note3 SCL22と比べると、幅・重さがほぼ同等って…。

スマホとしての使い勝手

5インチという大型ディスプレイを載せているのにもかかわらず、ホームアプリに特に操作が楽になる工夫が見られないです。

Xperia Launcher2

Xperia Launcher2

たとえば、Xperia Launcher2にあるような、ジェスチャー機能です。これで、通知エリアまで指を伸ばさなくても、表示することができます。似たような機能は、富士通のホームアプリ、NX!ホームにもあったと思います。

Xperia ZやULを使っていても、私が純正のホームアプリを使わない大きな理由の一つでもあります。

ハードやアプリ一つ一つの作りは、それなりなのにXperiaとしての使い勝手が作り込まれていないというか、スマホとして見たXperiaならではの使い方の提案や世界観の統一が欲しいです。

ワンセグ用アンテナは別体

これは、デザインが崩れずにこれで良いと思います。Xperia VLもワンセグ用アンテナは別体だったのですが、当時は「アンテナがあれば、もう少しワンセグを見るのに。」と思っていました。ところが、アンテナ内蔵のXperia ULになってもほとんど見る機会が無いです。映っても綺麗に見られない方が多いですしね。

ただ、ワンセグをいざという時の安心ツールと位置づけている人には、不便でしょうね。

付属の「ソニーモバイルTVアンテナケーブル01」の接続が必要です。」って。

卓上ホルダ同梱

グローバルモデルのXperia Z Ultraには、DK30が同梱していなく、しかも結構高価なので、もしや別売りか?とも思っていたのですが、嬉しい誤算(笑)

電波の比吸収率(SAR値)が大きめ

これでどうこうって話でも無いのでしょうが、体格の似ているSCL22が0.172W/Kgなのに対して、SOL23は、0.424W/Kgです。ちなみにSOL22は、0.540W/Kgもあります。SHL22でも0.282W/Kgなので、ソニー製は数値が高めと言えるかな。ちょっと残念な点です。

で、これは買いか?

Sony Xperia Z1 C6903で¥74,000前後なのですが、どれくらいの値付けになるのでしょうね。値段がそれなりでも、気軽にポケットに入れて、さぁ、出かけよう!ってならずに、持ち運びには、何かしらのカバンの類いは必要でしょう。運用スタイルを考えると、ULがサイズでは限界かなと感じています。実物を触ってみないと…ドコモ版が10月10日にスマホラウンジに展示されるので、まずはそれを見てみようかなと。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする