IS11CA ホットモックを触ってみて

Ads by Google

今日のお昼では、ビックカメラ札幌店にはホットモックが無かったけど、なんと地元のauショップに入ったばかりのホットモックがあったので、触ってきました。

さすがに入ったばかりとか、電源すら入っていなかったので、電源ONからのいじいじスタート。

スタートアップは、遅い!と言うほどではなく、ま、こんなものでしょう。

持った感じは、実機でも軽め&手の大きさにぴったりでした。

ただ、後で確認してガッカリしたのが、ロック画面にあるあのサークルディスプレイもどきですが、ロックパターンを変更すると見事に表示されません、カタログに載せてまでアピールしているのに、なんだかなぁ。

ホーム画面やランチャー画面のフリック操作では、サクッ、サクッとスライドするイメージで、指にくっついて遷移するタイプじゃないですね。これは演出の部類だと思いますので、画面の切り替わり自体は満足できる速さなので問題ないですね。

LISMOなどのアプリはダウンロードリンクを配置しただけで、実際にはインストールされていないです。
ある意味親切ですが、初スマフォの人には分かり難いかも知れませんね。マーケットからダウンロードって「えっ?」って思うでしょ。

それでも、本体の空きスペースは400MBを下回っていますので、不安に思う人もいるかも。
私のSC-01Cの使用メモリは200MB程度。データはSDカードに入れれば、まぁ、使えない事はなさそうです。

マイクロUSB端子のカバーは、思いの外、抵抗が小さく簡単に開け閉めできましたね。不安w

通知メニューは、シャープ製の方が親切だなぁと。マナーモード設定とかを簡単にできるなぁと。この辺は、発売後でもやる気さえあれば、アップデートできますけどね。

最後にとても不安を覚えたのが、充電しながら画面操作すると誤反応を起こすと言うことです。
左右にフリックしているのに、通知メニューが下りてきたり…。フリックの精度が落ちたりさんざんです。ショップのお姉さんもこの不具合(?)一緒に確認しましたよ。
正直、これでは充電中は使えないですね。このショップの個体の問題であることを祈ります。ビルド番号→01.80.00
自分も入手できたらまず、この点をチェックしてみます。

で、ヨドバシ.comの例のページは…ようやく受け渡しのスケジュールが出ましたね^^;

(Twitterとブログと内容は重複していたりします(^_^;) )

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする