AQUOS K SHF31+mineo音声SIMで通話もテザリングもOK

Ads by Google

shf31+red

もう4、5年使っているケータイを最新じゃないAQUOS Kに機種変更しました。VoLTEでなく3Gが使える端末でないとmineoで使えないからです。

mineoでデータも音声もテザリングもOK

SHF31をmineoの音声SIMで使えるかの確証はなかったのですが、ケータイでネットをバリバリ使うつもりはもともと無かったので、SHF31を選択しました。

ただ、メールの受信などがモバイル通信をOFFにした状態で、Wi-Fiだけでも使えるかは、あらかじめ取扱説明書をダウンロードして確認しています。

SHF31をmineoで使う設定は、丁寧に説明しているS-MAXの記事を参照してもらうとして、結論をささっと書くと、

  • mineo音声SIMでデータ通信はもちろんOK
  • mineo音声SIMで通話もOK
  • mineo音声SIMでテザリングもOK

mineo+SHF31でテザリングをONにして、SO-02Gで利用した時の速度は以下の通りです。実用上問題のない速度だと思います。

SHF31のテザリングをSO-02Gで利用

SHF31のテザリングをSO-02Gで利用

SHF31には、つい先日アップデートが発表されています。そもそもWi-Fiの使用が推奨されているだけあって、モバイル通信をOFFにした上でのWi-Fiでアップデートすることもできています。

使い勝手は要改善、かゆいところが放置状態

ただ、私のようにモバイル通信をOFFにして使う事も取説を読むと想定されているようなのですが、画面上で確かめる術がなく、また、Wi-FIのON/OFFもいちいちメニューを降りて行って…と使い勝手はあまり良くないです。ケータイ全盛期には、画面に機能のショートカットを置けるような工夫もあったのですが…。

私としては、Wi-Fiで大抵のことができて、「3G」で通話ができる「電話」が欲しかったのでSHF31で満足です。

それにしても、最近、身の回りの小物が赤い色ばかり(笑)。
う〜ん、SHF32が売れ出したら、こっそりmineo版のSHF31を発売すればいいのに!

ガラホの設定はちょっとわかりにくい!?au向けAndroid搭載折りたたみ型ケータイ「AQUOS K SHF31」を格安SIMサービス「mineo」で使ってみた【レポート】 – S-MAX

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする