SIMロック解除の義務化は、2015年夏モデルから?

Ads by Google

日経新聞によると、2015年5月以降発売の機種からSIMロック解除義務化の対象とするそうです。SIMロック解錠は原則無料で受けられるとのこと。

商戦期でいうと、2015年の夏モデルからということですよね。ドコモはともかくauとSBMは、手続きや端末内の仕掛けをこれから構築しないといけないですよね。

総務省が月内にも新たな制度案を発表する。その後の意見公募を経て、年内に正式に決める。具体的には15年5月以降に投入される新製品から、利用者が求めれば携帯会社は解除しなければならなくなる。たとえば米アップルのiPhone(アイフォーン)は15年秋に発売されるとみられる新機種から対象になる。

 端末の販売の直後から原則的に解除を義務づけるが、端末の割賦代金を払わずに持ち逃げする懸念がある人や転売目的の人などは解除に応じなくてもいいことにする。こうした懸念がある場合は販売からどれだけたってから解除に応じるか各社が決め、すぐに解除できない理由を説明する。割賦は基本的に2年のため、少なくとも利用者は購入から2年たてば解除に応じてもらえそうだ。

携帯のSIMロック解除、15年5月から義務化 総務省  :日本経済新聞

ところで、テザリング時の強制的にAPN書き換えるドコモの仕様にも手が加えられるのでしょうかね。それとauが国際ローミング用に使っている周波数の話とか、細かいことはこれからと言いつつ、面倒な課題山積っぽいから期日通りに始められるのでしょうか。関係者には頑張って欲しいです。

なかなかソニーが国内でSIMフリー端末を販売しないのが、ほんとイライラしますわ…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする