auの3年目からの継続利用は割引の減額に要注意

Ads by Google

auがLTEサービスを始める時からいくつかの割引施策などをスタートさせていますが、多くが2年が期限になっているので、3年目から料金がぐっと上がります。さて、どうするか。

3年目から料金が変わる主な割引

  • 毎月割
    • 指定のパケット通信料定額サービスにご加入すると、翌月から最大24カ月間、利用料金を割引
  • スマートバリュー
    • auのスマートフォン等のご利用料金から最大2年間毎月1,410円(永年934円/月+最大2年間476円/月)を割引
  • テザリングオプション
    • 新規加入・機種変更で購入し、テザリングオプションへ加入した場合、最大2年間無料

私は、Xperia VL(SOL21)の契約時にこれら3つの割引が適用になっているので、
1,785円(毎月割)+1,522円(スマートバリュー)+540円(テザリング)=3,847円
の割引を毎月受けています。これが
1,008円(スマートバリュー3年目以降分)
とスマートバリューの3年目以降の割引額のみにぐっと減ってしまいます。

MNPを利用してauに移ってきた場合は、基本料金の割引がなくなり+1,008円になります。これは大きいいです。

3年目からどうするか

スマートバリューは、機種変更しても復活しません(最大2年間割引(476円/月)の適用は、対象のau携帯電話1回線につき、auスマートバリューの割引を初めて適用した月を1カ月目としてカウントします。最大24カ月の割引をもって終了します。)。テザリングオプションは、よく分かりません(要確認)。

そこで、今考えているのは、1.mineoにMNPする、2.ドコモにMNPする、3.ガラケーに機種変更して2台持ちにする、などです。

mineoは、12ヶ月の最低利用期間がありますが、今使っている端末をそのまま利用できて節約できます。ただ、今のプランだとパケットが1GB/月と少ないので、追加されるだろうプランを見ないと現実的ではないかもしれません。

ガラケーとの2台持ちは、auの場合スマートフォンをデータ通信端末して契約できないので、タブレットでテータ通信をして通話をガラケーで、になります。そうでないと基本料金分が重複するので2台持ちの意味が無いです。

まだ結論は出ていなので、しばらく悩みは続きます。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする