スバルもミニバン「エクシーガ クロスオーバーセブン」の生産を終了

Ads by Google

スバルも多人数乗用車「エクシーガ クロスオーバーセブン」の生産を終了するとのこと。しかも、後継車の投入は無し。

スバルは11月1日、7人乗りクロスオーバーモデル「エクシーガ クロスオーバーセブン」の生産を2018年3月末で終了すると発表した。販売店での注文締め切りは12月18日となり、エクシーガ クロスオーバーセブンの後継となる多人数乗車モデルは「投入予定なし」としている。


スバル、「エクシーガ クロスオーバーセブン」生産終了。後継の多人数乗車モデルは「投入予定なし」 – Car Watch


マツダは、背に腹は代えられずCX-8の投入になりましたが、スバルは、国内では多人数乗用車を用意せず、5人乗りの乗用車/SUVに集中するということなんですね。スライドドアを採用した車がなかった分、もしかしたら影響は小さいのでしょうか?

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする