スバル2018年型Crosstrek(XV)とWRXがIIHSによる2017トップセーフティピック+を獲得

Ads by Google

スバルは、2018年型Crosstrek(XV)とWRXが、IIHSによる安全性評価において、最高評価の「トップセーフティピック+」を獲得したと発表しています。

このたび、北米地区で現在販売している2018年型SUBARU XVとWRXが、IIHS(道路安全保険協会)が行う最新の2017年の安全性評価において、最高評価の「トップセイフティピック(TSP)+」を獲得しました。2018年型レガシィ、アウトバック、フォレスター、インプレッサに続く今回の受賞により、アイサイトを装着したSUBARU全車がTSP+を獲得したことになります。

IIHSのホームページで公開されているデータを見てみます。
2018 Subaru Crosstrek

2018 Subaru WRX

両車とも一つですが黄色の項目がありますね。マツダ車もヘッドライトとチャイルドシートアンカーが鬼門です。

最近、衝突試験の動画が公開されないことが多くなったかな…。


株式会社SUBARU ニュースリリース
2 small cars from Subaru get top honors

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする