[TMS 2017]スバル、VIZIV PERFORMANCE CONCEPTをワールドプレミア

Ads by Google

スバルは、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表しました。VIZIV PERFORMANCE CONCEPTなど7台を展示します。

第45回東京モーターショー2017 SUBARU主要出展車両

SUBARU独自の運転支援システム アイサイトを核とした高度運転支援技術の搭載により、安全に関する将来ビジョンを具現化しつつ、SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”に基づいたスポーツセダンスタイルを採用することで、走りの愉しさを表現した「SUBARU VIZIV (ヴィジヴ) PERFORMANCE CONCEPT」を中心に、「安心と愉しさ」を体現するコンセプトカーや初公開となる市販車、Super GT参戦車両などを出展します。

《世界初公開》SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT


SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは、SUBARUがお客様にお届けする安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトモデルです。将来の自動運転技術普及期を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を、運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンボディに搭載することで、SUBARUらしい安心で愉しいドライビングの世界観を提示します。

ちなみに、Automotive Newsのスバルの新車投入スケジュールを見ると、2019年にWRX/WRX STIがフルモデルチェンジとあります。PERFORMANCE CONCEPTなので、WRX系なのでしょうね。

《2017年10月25日正式発表》S208

S208

WRX STIをベースとするS208は、“Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー”を実現すべく、SUBARUとそのモータースポーツ統括会社であるSTIが共同してエンジンや足回りを専用開発し、外装・内装にも専用装備を追加した、SUBARUハイパフォーマンスカーのトップエンドモデルです。2015年に発売したS207に対して、エンジン出力・加速性能の向上やカーボンルーフの採用による低重心化等の改良を施し、SUBARUらしい走りの愉しさを極限まで高めました。2017年10月25日に、車両仕様詳細とともに450台限定の抽選販売方法についても発表します。

S207が、約600万円でしたから、”Sシリーズ史上最高”なら700万円近い価格になってしまうのでしょうかね? GT-Rが、エントリーグレードでも1,000万弱だから安い…とは言えないですね。

《2017年10月25日正式発表》BRZ STI Sport

BRZ STI Sport

SUBARU BRZ STI Sportは、BRZのしなやかさと操縦安定性を高めた、究極の“Fun to Drive”、“Pure Handling Delight”を目指したクルマです。BRZが持つポテンシャルを最大限に引き出し、抜群の操縦安定性と素晴らしい乗り心地をさらに1つ上のレベルで両立するべく、SUBARUとそのモータースポーツ統括会社であるSTIが共同開発し、SUBARU BRZのカタログ最上級グレードとして設定しました。

「クールグレーカーキEdition」を限定で100台のみ販売するとのこと。この水色系の色って、ヒュンダイもパフォーマンス系の車種に採用していましたし、マクラーレンも使っています。流行りですか?

《参考出品車》XV FUN ADVENTURE CONCEPT

XV FUN ADVENTURE CONCEPT

XVの特徴の一つであるタフでラギッドなデザインを一層強調したデザインコンセプトモデルです。アウトドアアクティビティーを思い切り愉しむことのできるSUBARU XVの世界観を、専用オフロードタイヤとそれに合わせて更に力強いデザインに変更したクラッディングにより表現しました。ボディカラーには大自然の中でも力強く輝くイエローを採用しました。

《参考出品車》IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT

IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT

IMPREZA SPORTをベースに、より気軽に運転を愉しみたくなる、新しいスポーツ価値を提案するデザインコンセプトカーです。低重心でダイナミックな形状の前後バンパー、スポーティで存在感のあるセンターマフラーは運転する愉しさを想起させます。また、ボディカラーのイエローとコントラストの効いたインテリアコーディネートによりアクティブなキャラクターを表現しています。

《参考出品車》レガシィ アウトバック Limited Smart Edition

レガシィ アウトバックの最上級グレードが持つ上質感を活かしつつ、さらに機能的に仕上げた特別な一台です。専用グリル、専用ホイール、ウルトラスエード*1シート、ダークエンボスシルバー調加飾パネルといった、アウトバックならではの気品を感じさせる内外装デザインに加え、8インチの大型ナビゲーションシステムを装着。Apple CarPlay™ / Android Auto™に対応した車両との連携や、専用のHarman/kardonオーディオシステムなどの高機能を兼ね備え、ドライビングの安心と愉しさをより一層深めます。

ちゃっかり、CarPlayとAndroid Autoに対応しています。今後は、年改を迎える車から両規格に対応するナビが、設定されるようになりそうです。


株式会社SUBARU ニュースリリース
スバル、S208/VIZIVパフォーマンス・コンセプトなど 東京ショー概要 – 海外ニュース | AUTOCAR JAPAN


ハイパフォーマンスモデルが、ブランドを牽引する姿は、自動車メーカーにはとっては自然ですよね。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする