スバル、新型XVが発売1ヶ月の受注が1万台を超えた!!と発表

Ads by Google

スバルは、新型XVの発売1ヶ月の受注台数が11,085台となり、「大変好調」であるとのリリースを発表しています。

SUBARUが5月24日に発売した新型「SUBARU XV」の受注台数が、発売後約1ヶ月で1万台を超える11,085台の受注となり、大変好調なスタートをきりました。
特に、SUBARU車にお乗りのお客様以外からの受注が全体の約6割を占めており、新型「SUBARU XV」はこれまで以上に幅広いお客様から支持されています。

スバルの受注状況のリリースは、これから購入を考えている人にも役に立ちそうな内容だと思います。

ただ、周りの人とかぶりたくなかったら、1.6i EyeSightのピュアレッドを買えば良い…と言うことではないはず(笑)。

CX-3もそうですが、コンパクトなクラスでは、女性の支持が好調な売上に繋がりそうです。


株式会社SUBARU ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする