アメリカでのスバルのCMは何か良いらしい

Ads by Google

フォーブス ジャパンの記事で、アメリカでのスバルの売り上げが好調である裏にはCMの力があるとか…。

スバルのCMで使われる曲は、アコースティック楽器を多用したシンプルで親しみやすいものが多く、子供を遠方の大学に送り出す家族のドラマから、自動車事故で重傷を負う経験、ペットに対する底なしの愛まで、あらゆるテーマに視聴者を感情移入させる。

記事は、CMに使われる音楽の話です。しかし、音楽はともかく、その中に気になるテーマがあったので、最近スルーしていたスバルのCMを見てみることにしました。

一番インパクトがあったのは、交通事故を扱ったコマーシャルです。

If you’ve ever been in a car accident, you know what it’s like to second-guess everything — to wish you could go back in time and do things differently. But what if you didn’t have to wonder anymore? What if your car could help you get things right the first time? This commercial tells that story in a surprising way by following a couple who drive the all-new 2017 Subaru Impreza® with EyeSight®(車の事故に遭ったことがあれば、すべてを第二に推測するのが好きです。時間をかけて戻って物事を変えることができれば幸いです。 しかし、もはや不思議に思っていなければどうですか? あなたの車が初めて物事を得るのを助けることができたら? このコマーシャルは、まったく新しい2017年のSubaru Impreza®をEyeSight®で運転するカップルを追って、その物語を驚くべき方法で伝えます).

IIHSで最高評価を受け、EyeSightを搭載した新型インプレッサがなら大丈夫という趣旨です。スバルは、どちらかと言うと、ほのぼの系が多いのですが、このコマーシャルはけっこう重たいです。

そう言えば、もっと重たいコマーシャルもスバルは作っていました。「事故を起こしてもあなたはスバル車に守られています」ということなのでしょうが、実際に車を壊して臨んだ内容は、重い。

Getting your teen driver home safely is all that matters. As this emotional video demonstrates, parents are far less concerned about their car and far more concerned about the safety of their children. See why so many parents trust Subaru to help keep their families safe(あなたの10代のドライバーを安全に家に帰すことはすべて重要です。 この感情的なビデオが示しているように、親は彼らの車についてはるかに心配することはなく、子供の安全性をはるかに懸念しています。 なぜ多くの親がSubaruを信頼して家族を安全に保つのを助けるのかをご覧ください). Subaru.com/safety

コマーシャルは、その商品から自分がどんな体験・経験をできるのかを分かりやすく伝えるのが一番! と思っていますが、分かりやすいとは言え…。

音楽の話は…何もなし!

米国で売上3倍 スバル自動車の躍進を支えるCMと「音楽の力」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. しんじ より:

    良かれ悪かれインパクトは重要ですね

    マツダは表現が、間接的過ぎるかもしれないですね

    ディカプリオくらいに、フィーリンググッドくらい言わせたいですね~