[CAS 2017]スバル、2018年型レガシィをシカゴオートショーでお披露目

Ads by Google

スバルは、2018年型レガシィをシカゴオートショーに出展するとリリースを発表しています。

日本とアメリカのリリースでピックアップしている点が少し違っているのが興味深いです。

こちらが日本。

米国シカゴにて開催予定の2017年シカゴオートショー(プレスデー:2月9日~10日/一般公開:2月11日~20日)において、2018年型「レガシィ」(米国仕様車)を出展します。

レガシィは、独自のAWDシステムや高度な安全性がもたらす走りの愉しさと安心感を魅力とするスバルのフラッグシップセダンです。今回の改良では、走行性能・安全性能といった、レガシィやスバル車ならではの価値の更なる進化を追求しました。

  • 外装デザインを刷新するとともに内装質感を向上
  • サスペンション設定の最適化等により乗り心地と操縦安定性を向上し、快適なドライビングを実現
  • エンジンやCVT 特性を変更し、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現
  • ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上


そして、こちらがアメリカ。

Subaru of America, Inc., which posted its eighth consecutive year of record-breaking sales, today announced that it will debut the 2018 Legacy midsize sedan at the 2017 Chicago Auto Show on February 9th. The new Legacy features revised styling and significant upgrades to comfort, safety, and multimedia capability. In addition to major changes, myriad smaller engineering and design details throughout the 2018 Legacy enhance the driving experience. The 2018 Subaru Legacy will go on sale this summer.

  • Revised front and rear styling for sportier look.
  • Redesigned interior with more premium materials.
  • Ride made even smoother and quieter.
  • Standard Apple CarPlay and Android Auto.
  • New available Steering Responsive LED Headlight system.
  • New multimedia capabilities.

SUBARU DEBUTS 2018 LEGACY AT THE CHICAGO AUTO SHOW WITH MORE ELEGANT STYLING, UPGRADED INTERIOR, NEW SAFETY FEATURES AND ADVANCED MULTIMEDIA


国内版では、インフォテインメントシステム(マルチメディア)についてまったく触れていませんね。海の向こうの仕様の話だから、そこまで詳しく扱わない、ということなんでしょうね。

国内仕様でもCarPlayとAndroid Autoに標準対応するのでしょうか? というか、今さら対応しない理由はないと思うのですが…。

富士重工業株式会社 ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする