スバル、新型インプレッサの1ヶ月間の受注が月販目標の4倍超と発表

Ads by Google

new-impreza-cm

スバルは、10月13日に発売した新型インプレッサの1ヶ月間の受注が11,050台と月販目標の4倍を超える好調ぶりをアピールしています。

実際には、9月1日からの先行予約期間も集計期間に含まれているようですが…。特筆すべきは、他社ユーザーが51%にも及ぶことですね。

富士重工業が10月13日に発表した新型「インプレッサ」の受注台数が、発表後約1ヶ月(9月1日の先行予約開始~11月14日)で月販目標2,500台に対し、4倍超の11,050台となり、大変好調なスタートをきりました。

特に、スバルにお乗りのお客様以外からの受注が全体の51%を占めており、新型「インプレッサ」はこれまで以上に幅広いお客様から支持されています。

2016_1115_1

セダンG4の方が、2,000ccの割合が高いのは、WRXの流れからでしょうかね?18インチ仕様の2.0i-Sが一番人気なのは、頷けますが…ADVAN Sport V105のタイヤノイズが大きすぎないですか?

ところで、インプレッサの納期は、何ヶ月待ちなのでしょう??ただでさえ、遅いのに4ヶ月分の受注が集中してしまうなんて…。

富士重工業株式会社 ニュースリリース

マツダもLパケだけでなく、Sパケを作って性格を分ければいいのになぁ。Lパケは17インチでSパケが18インチとか。

アクセラは、インプレッサと同じ月販目標なのですが…足元にも及ばないな…アクセラには愛がたりないのかなぁ???

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする

コメント

  1. マツダファン より:

    アクセラ(に対する)愛はあるのに〜!
    アクセラも2013年のフルモデルチェンジの際は、1ヶ月で16000台と目標販売台数の5倍超売れてましたから、いい勝負だと思いますよ!