スバル、米国工場で新型インプレッサの生産を開始、初号車ロールアウト!

Ads by Google

subaru-sia_first_new_impreza

スバルは、アメリカの生産拠点、SIAで新型インプレッサの生産を開始したとリリースを発表しています。国内の納期短縮が期待されます。

スバルのリリースによると、

1989年9月に稼働を開始したSIAは、直近ではレガシィ、アウトバックの2車種を生産していましたが、今回のインプレッサの追加により、3車種の生産工場となりました。さらに、2018年には多人数SUVの生産を追加する予定です。当社の最重点市場である北米市場での販売が好調に推移する中、SIAでは継続して能力増強投資を行っており、標準操業における生産能力を、2016年3月末218千台から2016年末には394千台、2018年度には436千台へ引き上げていきます。

sia_aerial_view

富士重工業株式会社 ニュースリリース

さらっと、『2018年には多人数SUVの生産を追加する予定』などと、トライベッカ後継車となる3列7人乗りSUVの話を出していますね。

先日、スバルのディーラーでインプレッサの納期を訊いたら「4ヶ月」と言っており、この営業氏が工場見学した時は、ぱっと見、7割くらいが左ハンドルだったと嘆いていました。

Carscoopsの記事では、スバル車は2016年だけで、

  • フォレスター:145,000台
  • アウトバク:145,000台
  • XV Crosstreck:77,000台
  • レガシィ:53,000台
  • インプレッサ:48,080台

これだけ売れているそうです。SIAで十数万台分の生産規模が増えたら、国内の納期がどのくらい縮まるのでしょうね(待っても、せいぜい2ヶ月以内だなぁ)。

First US-Built Subaru Impreza Rolls Off The Line In Indiana

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする