レヴォーグ「STI Sports」の受注が好調!発売後1ヶ月で3,000台以上

Ads by Google

levrog-sti-01

スバルは、7月21日に発売したレヴォーグ「STI Sports」の受注が3,052台に達したと発表しています。

富士重工業が、2016年7月21日に発売した新グレードであるレヴォーグ「STI Sport」の受注台数は、発売後1ヶ月を経過した2016年8月21日時点で3,052台に達しました。レヴォーグ全体に占める「STI Sport」の割合は、42%となり、追加グレードとしては異例の大変好調なスタートをきりました。

このリリースの特長は、グレードやボディーカラーの販売構成比を載せている点ですね。

  1. STI Sportグレード構成比
    • 1.6STI Sport EyeSight:52%
    • 2.0STI Sport EyeSight:48%

  2. レヴォーグ グレード構成比
    • 2.0STI Sport EyeSight:20%
    • 1.6STI Sport EyeSight:22%
    • 2.0GT-S EyeSight:6%
    • 1.6GT-S EyeSight:26%
    • 1.6GT EyeSight S-Style:12%
    • 1.6GT EyeSight:14%

  3. STI Sport外装色構成比
    • クリスタルホワイト・パール:25%
    • ダークグレー・メタリック:23%
    • クリスタルブラック・シリカ:21%
    • WRブルー・パール:20%
    • アイスシルバー・メタリック:4%
    • ラピスブルー・パール:4%
    • スティールブルー・メタリック:2%
    • ピュアレッド:1%

  4. STI Sport 購入者年齢構成比
    • 60 歳以上:15%
    • 50 歳 ~ 59 歳:28%
    • 40 歳 ~ 49 歳:35%
    • 30 歳 ~ 39 歳:15%
    • 29 歳以下:7%

とても順当な構成比かな、と思います。しかし、「スバルxSTIxWRブルー」が、最強だと思っていたので、ボディーカラーでは白の人気が一番だったのは、意外。

この1週間前に発売になった新型アクセラの1ヶ月後の受注台数はどうなっているのでしょうね?

富士重工業株式会社 ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする