スバル、レヴォーグとWRX S4/STIを一部変更。質感や静粛性を向上

Ads by Google

スバルは、レヴォーグとWRX S4/STIの仕様の一部を見直し、インテリアの質感や静粛性の向上を図り、5月以降に発売するとのリリース発表しました。

レヴォーグを改良

発売日:2016年6月10日
LEVORG

安全性の向上

後席の乗員保護性能を向上

  • シートベルトプリテンショナーを左右リヤシートにも採用
  • リヤシートのクッションも安全性の高い構造に改良

側面衝突への対応強化

  • フロントドアにアッパービームを追加

デザイン性の向上

1.6GT EyeSight

  • 新デザインの17インチアルミホイールを採用

GT-Sグレード

  • 「ブライトパール内装」を新たにメーカーオプション設定
    LEVORG-interior

静粛性の向上

  • フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化
  • リヤクォーターガラスの板厚アップ
  • カーゴルームの吸音材追加等

新グレードの投入

レヴォーグのスポーティな走りと高い質感を「STI」によってさらに進化させた新たな価値を提供するモデルを、最上級グレードとして2016年夏に発売予定です。

スバル レヴォーグを改良

WRX S4/STIを改良

発売日:2016年5月11日
WRX

インテリアの質感

  • ルーフトリムの素材を従来の不織布からトリコットに変更

静粛性の向上

  • リヤワイパーブレードの形状を空気抵抗の少ないエアロタイプの形状に変更
  • フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化

スバル WRX S4/STIを改良

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする