スバルは「SGP」でドライビングポジションを改善しているの?

Ads by Google

all-new-impreza-interior02

そんなに大げさな話ではなく、足元の広さが「改善」されているのかがとても気になります。

スバルのニュースリリースを読んでも「ドライビングポジション」についてはまったく触れられていません。強いてあげるなら、この一文ですかね。

<インテリア>

  • 全面的に進化したインテリアデザインに加え、全方位に渡る優れた視界性能、拡大した室内スペース・カーゴルームなど、スバルならではの機能性についても、より一層の進化を実現しました。

BE5とBLEを所有していた時、特にBE5は「四駆だから足元が狭い」という説明とともに納得していました。BLEもボディーサイズが大きくなっても足元は狭めだったと記憶しています。

CX-5に乗って以降、他メーカーの車は足元を窮屈に感じて、居心地が良くありません。せっかく、大々的に新規製作した「SGP」なのだから、この辺りの快適性にも手が入っていることを期待しています。

Aピラーの裏側は、スポーツグレードだと黒くなるようですね。BRZやWRXは元がスポーツなので全グレードで黒色ということにならってのことなのかな。
all-new-impreza-interior05

インプレッサも年改で徐々にメッキパーツが増えるとか、見た目が豪華になっていくのでしょうね…。

富士重工業株式会社 ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする