[リコール]スバル、レヴォーグ・WRX・レガシィの電動パーキングブレーキ制御プログラム不良を届出

Ads by Google

スバルは、レヴォーグ・WRX・レガシィにおいて電動パーキングブレーキ制御プログラムが不適切なため電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれがあるとしてリコールを届出ています。

レヴォーグ、WRX、レガシィのリコールについて

2016年3月17日発表

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)ユニットにおいて、電動パーキングブレーキ制御プログラムが不適切なため、車両駐車時に電動パーキングブレーキを作動させ、一定時間後にイグニッションスイッチをオフからオンに操作すると、電動パーキングブレーキのモータが作動し続けることがある。そのため、当該モータが損傷し、電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれがある。

対象車

  • DBA-VM4「レヴォーグ」:平成26年5月13日 ~ 平成27年4月21日
  • DBA-VMG「レヴォーグ」:平成26年5月13日 ~ 平成27年4月14日
  • DBA-VAG「WRX」:平成26年6月23日 ~ 平成27年6月4日
  • DBA-BN9「レガシィ」:平成26年10月2日 ~ 平成27年9月16日
  • DBA-BS9「レガシィ」:平成26年10月2日 ~ 平成27年9月16日
    計63,598台

改善措置の内容

全車両、VDCユニットの制御プログラムを書き換える。

スバルリコール3775


富士重工業株式会社 : 商品に関する重要なお知らせ > リコール・ 改善対策情報門 | リコール

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする