スバルの「アイサイト(ver.2)」は装着車の事故件数を約6割減に

Ads by Google

eyesight-hero

スバルが、「アイサイト(ver.2)」の装着車と非装着車の事故件数を調査し、搭載車は非搭載車比約6割減と発表しています。

富士重工業は、2010年度から2014年度に日本国内で販売したスバル車の人身事故件数について調査した結果、運転支援システム アイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たり件数で、車両同士の追突事故では約8割減、対歩行者事故では約5割減、調査対象全体では約6割減であることが分かりました。

本調査は富士重工業が、公益財団法人 交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基に独自算出したもので、2010年度から2014年度に日本国内で販売したスバル車のうち、アイサイト搭載可能モデル(アイサイト搭載車246,139台、非搭載車48,085台)の人身事故件数をその発生状況毎に分類したものです。

富士重工業株式会社 ニュースリリース

昨日紹介した、アイサイトの効果についてスバルがリリースを出しました。

アイサイトが「ver.2」とことわっているところを見ると、ver.1も「非装着車」扱いになっているのでしょうかね。ところで、2010年から2014年の間のアイサイト非装着車の販売台数ってこんなに少ないのでしょうか。なんかピンときません。

昨日公開されたフォレスターの衝突被害軽減ブレーキ試験の動画です。

スバルだけが、警告音が2段階であり、他のメーカーよりも緊急事態であると伝わりやすいと思います。その点、ステップワゴンの警告音は「イマイチ」に思います。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする