[TMS 2015]スバル次期インプレッサはコンセプトカーに近い形状に?

Ads by Google

Autoblog日本版にデザイン部部長に次期インプレッサについて話を聞いたとする記事が掲載されています。

スバル インプレッサ 5ドア コンセプト
まず、次期インプレッサは、2016年末にSGPを採用した第一弾として市場投入されます。

マツダ関係者へのインタビューほど突っ込んていないので、肝心な点がぼやけたままだなという印象です。取材とインタビューの境目がわからない文章なので、どうもピンと来ないんですけどね…。

多少なりとも具体的な部分をかいつまむと、

  • スバルデザインフィロソフィー「­Dynamic×Solid」のネクストステージを示唆するデザイン
  • 航空機を作っているという、他社とは違うスバルのDNAを生かした、すべてのデザインに意味があるということを念頭に今回のデザインが作られた
  • これまでのスバル車同様しっかりバンパーとしての機能を持った張り出しのあるデザインが量産モデルには採用される
  • 量産モデルもほぼこのまま出されるのではないかとも思えるぐらい最終形に近い形状で出展されたコンセプトカーのグリルデザイン(説明員談)
  • このモデルに関しては、横方向で少し狭く、縦方向で少し高くなる程度で量産化できそう

つい先日も書きましたが、スバルの悪しき伝統が次期インプレッサで打ち切られることを切に願うばかりです。

【東京モーターショー2015】スバルのデザイン部長に訊いてみた!! 次期型「インプレッサ」について – Autoblog Japan

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする