[リコール]スバル、米国で塩水飛沫によるブレーキライン腐食で約20万台を対象にリコール

Ads by Google

Subaru_Forester_snow

米国スバルは、降雪地で使用される凍結防止剤などに含まれる塩分が、ブレーキラインを腐食しブレーキ液が漏れる可能性があるとの理由により、リコールと届けています。

リコールの対象車は、2008-2011年型インプレッサ、2008-2014年型WRXとSTI、2009-2013年型フォレスターなど198,900台になります。

対象地域は、いずれも雪が降る州とのことで、「コネチカット、デラウェア州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、メイン州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ミネソタ州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューヨーク、オハイオ州、バーモント州、ペンシルベニア州、ロードアイランド州、ウェストバージニア州から、ウィスコンシン州とコロンビア特別区」となっているそうです。

対策は、ブレーキラインシステムの4WAYジョイントコネクタに抗腐食ワックスを塗布するそうです。

雪国つながりですから、ちょっと気になる話題です。

Subaru recalls 200k vehicles in snowy states to reapply anti-corrosion wax

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする