スバル、北米仕様のインプレッサをマイナーチェンジ!安全性、質感、快適性などを向上

Ads by Google

2015-Subaru-Impreza-SSスバルが、北米仕様のインプレッサのマイナーチェンジを発表しています。エクステリアデザインの変更、インテリアの質感向上、静粛性や環境性能も高められています。

今回のマイナーチェンジのキーポイント

  • 新型 EyeSightをインプレッサとして初搭載し、予防安全性能を強化
  • 内外装デザインを刷新
  • 乗り心地を改良するとともに静粛性を高め、快適性を向上
  • 燃費性能とシンメトリカル AWD による優れた走行性能を両立

リリースに詳細が書かれていますので、参照してみてください。

私がスバル車で気になるのは、燃費。今回のマイナーチェンジで、「米国でのAWD乗用車としてはトップクラスの燃費性能を達成」とあるのですが、37GPMを強くアピールしているので日本で馴染みの単位に直すと、15.7km/ℓです。ん?現行の国内仕様で17.2km/ℓなのでモードの違い?アイドリングストップの有無?

2015-Subaru-Impreza-6

2015-Subaru-Impreza-13

2015-Subaru-Impreza-12

2015-Subaru-Impreza-7
ハッチバックには、ルーフレールが装着されています。北米仕様だから?国内仕様ではルーフレールの設定はないですよね(XVにはある)。内装の質感向上競争は、ユーザーとしては価格に大きく反映されないなら、大変歓迎すべきことですね。

国内でのスケジュールはどうなっているのでしょう?10月にはレガシィも新型に置き換わるそうですから…。

スバル 「インプレッサ」(米国仕様)を改良(PDF/141.8KB)
Subaru Cars, Sedans, SUVs, Crossovers, Wagons | Subaru of America
Subaru Gives 2015 Impreza a Modest Facelift

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする