[雑感]スバルの新型WRX S4投入に見る矛盾と行き詰まり感

Ads by Google

レヴォーグと同時期に開発され、国内専用モデルとなるWRX S4は、より多くの人にスバルを選んでもらえるはずのクルマとして仕上がっているとメーカーは言っていますが、そうなんでしょうか?

東洋経済オンラインの記事を読むと、スバル自身も行き詰まることの恐れを感じているらしいのですが、やっていることはどうもそれの解消にはなっていない気がします。

レヴォーグがレガシィツーリングワゴンの後継ならば、WRX S4はレガシィB4ユーザーの受け皿になるのでしょうか。だとすると240万円から購入できたB4ですが、S4は330万円以上と90万円以上の値上げになります。もしかするとB4のユーザーは乗り継ぐクルマが無くなったのかもしれないです。

さて、東洋経済オンラインの記事からスバル関係者の言葉を抜き出してみると、

  • 「レヴォーグを除くと受注ピッチは厳しい。第2四半期以降の販売刺激策を考えないといけない」
  • 「スバル最高の走行性能で、シリーズ史上最高の車に仕上げた」
  • 「スバル最高の走りをより多くの人に、幅広く楽しんでもらえるようにした」
  • 「お客さんにあまり先入観を抱かず、スバルに向き合ってもらうために間口を広げた」
  • 「最近の日本のセダンに走りの楽しさが足りないと思う人たちが、輸入車に乗り換えている。そういう層に楽しさのある”味の濃い”車として提供したい」
  • 「従来レガシィに乗っていた人が、次のレガシィに乗り換えようとしたが、大型化してしまった。そこで(1まわり小さい)『インプレッサ』サイズのカテゴリーを出発点として新車を作り上げたかった」

スバルの主力車は、ほとんどがいわゆる「3ナンバー」と呼ばれる、比較的車格の大きい区分に入る。価格帯も300万円以上が中心。現にS4は基本グレードが334万円、上級グレードが356万円だ。「スバリスト」という言葉に表れているように、業界でも珍しい水平対向エンジンや、独自の4輪駆動システムで熱心なファンを得てきた。しかし、「3ナンバーの高価格帯で勝負をしているので、商売的には顧客層を広げ、どんどん行き詰まってしまうことを避けたい」(日月氏)。

間口を広げると言いつつ、高額なクルマに仕上がっていて間口を狭めていませんか?「買う」「維持する」どちらにも大きな負担を覚悟しないと乗れないようじゃ、間口を広げたとは言わないでしょう。

スバルは、高性能=ターボ仕様ハイパワーマシンという図式を見直すべきじゃないかな。そして、輸入車が選ばれるのは、走行性能ばかりではなく、しっかり隅々まで価値が作りこまれているからだと思います。

「自然吸気エンジンを載せた、低価格でも高性能なクルマ」をラインナップに加えていかないと、レヴォーグやWRXをみるとインプレッサがとても貧弱に見えてしまいます(次期インプはプラットフォームから生まれ変わるので期待が大きいです)。

レヴォーグをワゴンだけにしてしまったのが、矛盾の始まりかも。レヴォーグS4だと余計な力が入らない分、「間口を広げる」グレードも揃えることができたのではないでしょうかね。

スバル、新型「WRX」で国内反撃 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする