スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSightは「ドライバビリティーの改善に期待」 実燃費レポートより

Ads by Google

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight

オートックワンにスバル レヴォーグ 1.6GT EyeSightを「高速道路」「郊外路」「市街地」で走らせた時の実燃費レポートが掲載されています。

1.6リッターエンジンは2.5リッター級の動力性能や低燃費といった全体的なバランスを重視し、アイドリングストップが装備され、リッター100馬力を超えるターボ車でありながらレギュラーガソリンでOKということもユーザーとしては有難いポイント

高速道路の印象

  • 日本で購入出来るクルマの中でトップクラスと呼べるほど、ロングツーリングカーとしての資質を備えていることが確認できた
  • EyeSight ver.3においても相変わらず運転の上手な人が運転しているかのような安心感、安楽さ
  • 「アクティブレーンキープ」は長距離ドライブでの疲労軽減に大きく貢献してくれるに違いない
  • 斜め後ろを監視しドライバーにインフォメーションする機能がそろそろ欲しい
  • アクセル全開加速を試すと「速い」とまでは言えないが、十二分な瞬発力を備えている
  • 100km/hのエンジン回転数は1,800rpm
  • レヴォーグの1.6リッターターボは2,000rpm+αあたりまで回転が上がらないと本格的にパワーが出ない特性のようで、高速道路で暖加速をする際に周りのNAエンジン車やダウンサイジングターボ車に比べると「回転を少しだけ上げてズルズルとスピードを上げる」という走り方が苦手で、若干エンジン回転が上がり過ぎのように感じることもあった

郊外路の印象

  • レヴォーグが先代レガシィツーリングワゴンの後継車に相応しい運動性能を備えていることが分かった
  • レヴォーグが大きなラゲッジスペースを備えていることを忘れてしまうくらい軽快にコーナーを駆け抜けることができる
  • ワインディングロードを常識的なペースで走っている程度だと、1.6リッターターボのパワーは持て余す感じがなく適度に感じられた
  • 乗り心地は「最も新しいスバル車」という期待値の高さを考えると期待値を上回らない
  • 路面の凹凸が大きくなってくると不快な硬さや過大な底付き感のようなものを覚えた

市街地の印象

  • 発進加速で使用する回転域だと過給が十分に行われていないせいなのかアクセル開度が深くなりがち
  • 2,000rpm以下の低回転を保ちながら走るのが少し難しく、市街地の暖加速でも他の最近のクルマに比べると回転数が高い傾向
  • アイサイトに任せて走っていないと停止中ブレーキを踏んだ状態がキープされないのは不満
  • EyeSightに安心して運転を任せられる高い完成度を備えてることは高評価
  • ボンネットに置かれるインタークーラーのエアスクープで前方視界が遮られ、視界の良さがスポイルされるのが惜しく感じた

肝心のレヴォーグ 1.6GT EyeSightの燃費は

高速道路 郊外路 市街地 総合
18.3km/L 14.6km/L 11.8km/L 14.6km/L

まとめ

  • 最も重要な要素と思っている「購入する理由」をたくさん備えているクルマであった
  • 全体的に価格設定が少し高い気もする
  • 1.6GTをメーカーオプション、アフターパーツ等で好みのクルマに仕上げるという選び方を勧めたい

いわゆるダウンサイジングターボの弱点が出てしまっているようです…。スバルは年改で着実に改良が進むはずなので、最初の印象がだいぶ変わってくると思います(というか、記事と同様、私も期待します)。

【燃費】スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート/永田恵一 【オートックワン】

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする