[感想]スバルレヴォーグ1.6GTを試乗してきました

Ads by Google

元レガシィ乗りとしても、というか単純に興味があるのでレヴォーグを試乗してきました。アクセラXDよりもさらに短いコースでしたので、その「良さ」のさわりだけしか感じられませんでした。

いまだにEyeShghtの生産云々で試乗車は、もっともプレーンな(?)1.6GTでした。先行展示で隅々まで見ていたので、さっさと乗りこんで,いざ、スタートです。

ドライビングポジション、特に足元はマツダが優勢

ペダルレイアウトは、足が自然な位置にくるマツダの方が良いですね。そのための新しいプラットフォームですから。足元のスペースは、AWDだからでしょうが、狭いです。今始まったことではないですが。

メーターの視認性は高いです(小さく埋め込まれた燃料計とかは見難いです)。エコメーターでしたっけ?ちょこちょこ動いて気になりました(笑)。

Aピラーは細くて、右斜め前の視界は広いです。試乗コースは左折しか無いのでカーブ中の視界を体験することは出来ませんでした、残念。

エンジンは静かで力強い

営業さんが盛んに「2.5ℓの代替になる」と言っていただけはあって、低速でも(低速でしか走れませんが)もたつくことはなく、スムースです(アクセルペダルが踏みにくくて戸惑いました…慣れとは恐ろしい)。

アイドリングストップでは、ほとんど振動が無く止まり、振動がなく再始動します。今では当たり前ですかね。

“回転を楽しむ”まで回せなかったのは残念です。市街地での試乗は速度が低すぎます。

車体剛性が高い。塊感がハンパない

普段、CX-5という箱の大きな車体に乗っていることや、レヴォーグの体周りの空間が狭いせいもあるでしょうが、かなりがっしりとした印象です。

電動パワーステアリングの味付けがこうまで違うのか!という印象です。とてもしっとりしています。どちらかと言うと重い方です。アクセラXDよりも重い感じがします。この辺からも剛性感が高いという印象に繋がっているのでしょう。

レヴォーグ16GT-S EyeSightとアクセラXDだとほぼ同じ価格です。かなり性格は異なりますが、どちらも面白みがあるクルマです。どちらを買うか?けっこう悩ましいです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする