マツダCX-5の「騒音」をチェックしてみた

Ads by Google

今さらですが、初期型CX-5の主にエンジンノイズの大きさをスマホアプリで測定してみました。

初期型マツダCX-5の騒音測定

新型アクセラ以降に積まれるSKY-D 2.2には、複数の静音機構が組み込まれたということもあり、一番古いSKYACTIV-Dと比較したいと思い、まずは初期型のCX-5に積まれてるSKY-D 2.2を測定してみました。

測定環境

アプリをインストールしたスマートフォンをシフトレバーの上、ナビの高さに維持して測定しています。

測定結果

キャリブレーションをしているわけではないので、数値に絶対的な意味は無いです。今後比較するときの尺度ということで。

アイドリング中

sound_20160813_152543

発進〜加速〜60km/h巡航

アスファルトの表面が少し荒くなった舗装路を走っています。アイドリングから時速約60kmまで加速し、2、3分一定速度で巡航しています。最小が65dBで最大が102dB、平均84dBという結果です。
sound_20160813_152716

今日は測りませんでしたが、アイドリング中の車外の「騒音」も含めて、実家にあるデミオXDと納車後のアクセラXDと比較してみようと思います。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする