[感想]大雪の日に新型アクセラを乗ってみて(更新)

Ads by Google

札幌では、この時期の大雪は二十数年ぶりとか…そんな日にどんなものかとBM2ASを乗ってみました。

降雪時は、すかさずワイパーを作動すべし

車を車庫から出し、走り始めてすぐに警告灯が点灯しました。フォワードセンシングカメラ (FSC) に関連する例の機能のものです。
ALHの警告灯は、自動消灯しないので、ワイパーの作動が遅れたり、間欠の間隔が長かったりで着雪してしまい、一度点灯してしまうと、エンジンのOFF/ONが必要になるので、ワイパーの作動には要注意、かな。

MRCCは降雪にも弱し

MRCCも降雪には弱い機能ですよね。あっさり音を上げました。降雪で前が見難くなっているからこそ、緊急自動ブレーキが作動してほしいのですが、現実はそう甘くはないですね。写真くらいの着雪でもダメみたいです。
ナンバープレートにきれいに雪が付着していて、画像処理が不要になっていました(笑)。

ワイパーの調子はCX-5より良さそう

自分が乗っていたCX-5は、降雪時にワイパーを使うと、助手席側の窓の下にすぐに雪がたまり、それにワイパーがぶつかる感じで、性能が落ちていたのが、アクセラではそれが無かったです。
降雪量に対して思った以上に雪がたまっていませんでした。あれ?

その他

視界不良なので、リヤフォグランプを点灯したはずなのですが、メーター内のインジケータが点灯しません。電球からLEDに付け替えたせいでしょうかね。明日検証します。

それにしても、こんなに視界が悪いのにヘッドランプを点灯せずに走るくまの多いこと!対向車が見えにくくなっているはずなのに、状況を察して点灯できなとは…だから、デイタイムランニングライトを基準化してほしいだよなぁ。意識高い人ばかりじゃないから。

昼間だったので、ヘッドランプウォッシャーは試していません。せっかくのAWD専用装備なのに…。

CX-5に乗り始めた頃は、ぶーたれてばかりだったんだなぁ。

[感想]マツダCX-5の冬期間のイマイチな点
CX-5での二度目の冬を迎えて、去年乗って・使ってみて残念に思った点を挙げてみます。

更新
朝一番に、リヤフォグランプをLEDから電球に交換しました。案の定、メーター内のインジケータが点灯しました。
球切れ警告灯もLEDにしたら誤点灯するらしいですし…電球だと熱で雪も溶けますから、そのままが良いんですね。

コメントの通りですね。

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする

コメント

  1. ほくと より:

    リアフォグですが、LEDにかえるのはお勧めしません。
    Dで診断機をつないでエラーコードを確認してもらうとわかりますが、おそらく抵抗値エラーが出ているはずです。
    LEDのせいで抵抗値が低すぎて、点灯していないと判断してしまっているようです。
    そのエラーのせいで点灯していなかったと思います。
    バックランプは問題ないのですが、リアフォグはLEDに交換するのはNGというのがマツダの公式回答でした。