[タカタエアバッグ問題]フォードとマツダ、ピックアップトラック約35,000台を「運転してはいけない車」に指定

Ads by Google

タカタエアバッグ問題ってまだまだ終わりませんね。フォードとマツダは、約35,000台のピックアップトラックを「Do-Not-Drive List」に追加し、危険性を伝えています。

日本国内では、関係のない話になりますが、「Do-Not-Drive List」という響きに怖さを覚えたので、取り上げました。

Ford and Mazda are adding more than 35,000 pickup trucks in North America to a list of vehicles that should not be driven because they have Takata air bag inflators with a high risk of exploding.

The warning includes 33,428 Ranger and 1,955 Mazda B-Series small pickups from 2006 model year, according to both companies.

Air Bag Danger: Ford, Mazda Add Pickups to Do-Not-Drive List | West Virginia News | US News

対象になったのは、2005年8月5日から12月15日まで生産され、BT-50では1,955台になります。

BT-50の兄弟車というか、大元のフォード レンジャーでは、死亡事故が起こっているんですね。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする