マツダが2018年型Mazda6を強化した5つの方法

Ads by Google

北米マツダでは、2018年型Mazda6の考慮すべき5つの重要なポイント紹介しています。

5 WAYS MAZDA ENHANCED THE 2018 MAZDA6

エレガントなインテリアとターボチャージャー性能は2018年のマツダのためにトーンを設定

マツダの設計とエンジニアリングチームは今年、賞を受賞したマツダ6の中型セダンを改良して忙しかった。新しい2018年のMazda6を制作することの目標は、より静かで快適な乗り心地でマツダの有名な運転性能を向上させることでした。その結果、しばしばより高い価格で発見されるセグメント内の他の人と競争することができる魅力的な中規模のセダンが得られる。機能のリストは長いですが、考慮すべき5つの重要なポイントは次のとおりです。

1. ELEGANT INTERIOR

日本では、Sen Woodは何世紀もの間好きな素材でした。太鼓のような高級家具や楽器によく使用されるSen Woodは、その質感と耐久性が高く評価されています。マツダは、新たに設計されたキャビンで他のトップグレードの材料と一緒にSen Woodを使用することにより、2018年のMazda6に日本の匠の伝統的な技能をさらに高めています。デザインされたキャビンはMazda6に「成熟した優雅さ」の感覚を与えます(※ Sen Woodは、「栓」と書き、ハリギリ「針桐」とも呼ぶ日本では一般的な木を指すようです)。

2. ERGONOMIC SEATING

マツダは独特の作成、ドライバーと車両、可能な限りの間の接続を強化すると考えている人馬一体のドライビング哲学「馬と騎手は一つです」。人間中心のデザイン原則を用いて、2018年のMazda6はフロントシートを完全に再設計しました。新しいシートはより広く、高密度のウレタンボディで構成され、振動を吸収し、運転手と乗客の身体的サポートを向上させます。座席は、人間の背骨の自然なS字型を奨励して快適性を改善し、疲労を軽減するように設計されています。2018年のMazda6には、新しいフロントシート換気装置と、暖房されたフロントとリヤシートが用意されています。

3. TURBOCHARGED ENGINE

マツダは、受賞歴のあるSKYACTIV-G 2.5Tエンジンを新たなオプションとして追加しました。この直噴式の4気筒エンジンは、馬力とトルクを4.0リットルのV8に匹敵させ、パーツの落ち着きと興奮を楽にしてくれます。ターボチャージャーを搭載したSKYACTIVエンジンは、最大250馬力と310ポンドフィートのトルクを供給できると評価されています。このパワートレインにより、2018年のMazda6は、性能面でのメジャーなヨーロッパブランドにも、マツダ6の競争優位性をはるかに支えてきたハンドリングダイナミクスにも挑戦します。また、SKYACTIV-G 2.5リッターガソリンエンジンには、SKYACTIV-DRIVEオートマチックトランスミッションを搭載し、燃費を向上させた新しいシリンダー不活性化システムを採用しています。

4. TECHNOLOGY TO MEET HUMAN NEEDS

2018年のMazda6は、360°ビューモニター、全車速で追従する機能付きマツダレーダークルーズコントロール、道路を見守ることで注意散漫を減らすのに役立つ重要なドライバー情報を表示する新しいフロントガラスのActive Driving Displayヘッドアップユニットなどの新技術の機能を備えています。ダッシュでは、新しい8インチマツダコネクトインフォテイメントシステムにより、より多くの定義と改良されたグラフィックスが提供されます。

5. PERFORMANCE-ORIENTED RIDE

ほとんどのドライバーは、2018年のMazda6でSKYACTIV-CHASSISに加えられた変更に気付かないかもしれませんが、改善を感じるでしょう。上の構築マツダの業界排他的なG-ベクタ・コントロール、新しいアテンザは、スムーズな乗り心地と改善されたダイナミック性能を提供するのに役立つように再設計サスペンションを備えています。その他の改良には、より剛性の高いプラットフォーム、より鋭いステアリングレスポンスを提供するために設計された新しいステアリングラック、はるかに高価な車に匹敵する洗練された経験のための厚いシートメタルが含まれます。これによりインテリア・ノイズが低減され、新型Mazda6はドライバーの入力にさらに敏感に反応します。

新機能、より快適でエキサイティングなパワートレインオプションを備えたマツダは、新型マツダ6を他のプレミアム中型セダンとの真剣な競争に置く機能と性能を備えた中型セダンに挑戦しています。再設計された2018年のMazda6は、2018年の春に発売されます。

以上、ここまでが、北米マツダで紹介されている内容です。
5 Ways Mazda Enhanced the 2018 Mazda6 | Inside Mazda

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする