[リコール]マツダ、SKY-D 1.5搭載車で煤が溜まり不具合が発生するおそれがあるとリコールを届出

Ads by Google

マツダは、SKY-D 1.5搭載車において特定の走行条件で煤が溜まり、エンジン警告灯が点灯したり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあるとしてリコールを届け出ています。

デミオ、CX-3、アクセラの予見性リコールについて (2)

予見性リコールとは

お客様が予見現象を容易に認知でき、この予見現象が発生した以降も相当な期間、安全な運行を確保できる場合には、この予見現象を認知した後に速やかに改善を実施することができるリコール制度です。

お客様へのお願い

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。エンジン警告灯が点灯あるいはグローランプが点滅した場合には、最寄りのマツダ販売店へ連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

リコール開始日

平成30年02月02日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ディーゼルエンジンにおいて、低車速で加減速する走行を繰り返すと、燃焼時に発生する煤の量が増え、インジェクタ噴孔部に堆積し、燃料の噴霧状態が悪化することで、さらに煤の量が増え、排気側バルブガイド周辺に堆積することがあります。そのため、排気バルブが動きにくくなり、圧縮低下による加速不良や車体振動が発生するとともに、エンジン警告灯が点灯あるいはグローランプが点滅し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります。

対象車両

改善措置の内容

使用者に当該不具合を周知し、エンジン警告灯が点灯あるいはグローランプが点滅した場合は、速やかに点検入庫するよう促します。また、点検入庫した場合には、エンジン制御コンピュータ等を点検し、排気バルブのバルブスプリング、インジェクタを無償で交換するとともに、エンジンおよびDPF(黒煙除去フィルタ)に堆積した煤を清掃します。

※ 本届出は、平成28年9月1日付け届出番号「3885」のリコール届出において、新たな原因が判明したため、リコールを実施するものです。

[リコール]マツダ、SKY-D 1.5のエンジン制御不具合でCX-3、デミオ、アクセラをリコール
マツダは、SKY-D 1.5のエンジン制御コンピュータ制御が不適切なため、多く煤が発生する場合があり最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあるとリコールを届出ています。


デミオ、CX-3、アクセラの予見性リコールについて (2)|リコール・サービスキャンペーン等情報


(注意)マツダのリコール関連ページが、作り変えれれているので過去のURLは閲覧できなくなっています。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする