2018年への期待と妄想(マツダ編)

Ads by Google

2018年のマツダには、ALL NEWのモデルはないはずです。2019年に向けた準備の年になるのではないでしょうか。

次世代技術導入への助走

2018年は、「MILD HV」「BATTERY EV」「新型マツコネ」の3つの技術の説明会が開催される予定です。この中でもっとも心配なのが、新型マツコネです。

新型マツダコネクト

第2世代にして業界最新の性能・機能を保有しているのか?、各種規格との互換性・接続性は? などなど。現行マツコネをもってマツダ車を買わないい理由にしてしまうくらいの出来ですから、新型の出来はとても重要です。期待せずに入られません!

BATTERY EV with Range Extender

レンジエクステンダーとして搭載される小型ロータリーエンジンを業界を含めユーザーがどう受け入れるのか…。比較的お求めやすい価格で入手できる「ロータリーエンジン」は、これになるのでしょうね(苦笑)。

次期アクセラへの期待

次期アクセラ(BN系?)では、上図にあるように新しい技術が一気に載ってしまいます。それだけに初期型の出来が、非常に重要です。

とは言え、2018年後半にテスト車両が目撃されて…モーターショーで量産試作車あたりが出店されて…のようなスケジュールでしょうから、なるべく早くテスト車両の姿が見れることを期待します。

既存車の年次改良と評価

アテンザの商品改良


国内では、ターボエンジンの投入はなく、改良されたSKY-D 2.2と気筒休止を採用したSKY-G 2.5を載せることになると思いますが、大きく手が入るフロントマスクとインテイリアデザインなどで評価が上がるのか期待したいです。

CX-8の評価

CX-8がある程度市中に広がり、口コミを含めたユーザーレビューが浸透することで、この車とCX-5がマツダ車の評価を引き上げれると思っています。

2018年は、第6.5世代が第7世代への道筋を確かにする一年です。アテンザ、CX-5、CX-8に期待です。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする