EV C.A. Spiritにスズキ、スバル、ダイハツ、日野が合流し7社連合に

Ads by Google

日経新聞によると、マツダ・トヨタ・デンソーが設立したEV共同開発会社「EV C.A. Spirit」にスズキ、スバル、ダイハツ、日野の4社が合流するそうです。

スズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めた。新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣する。最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各社が強みをもつ車種に必要なEVの技術開発を加速する。商品化で先行する欧米勢や中国勢に対抗する。

トヨタEV技術開発、7社連合に  :日本経済新聞

新たに参加する4社は、2018年1月から順次、技術者を派遣して研究費も負担するとのことです。これで、EV C.A. Spiritの技術者は現在の約1.5倍にあたる約60人に増える見込みです。


EV C.A. Spirit株式会社のホームページを見ると、20年前からタイムスリップしたような出来栄えでびっくりしました。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする