マツダ新型CX-8、7,362台を受注しスタートダッシュを決める!

Ads by Google

マツダは、3列シートSUV新型CX-8の約3ヶ月間の予約受注台数が、月販目標の6倍となる7,362台になったと発表しています。

マツダは、2017年9月14日に発表し、2017年12月14日に発売する新型『マツダ CX-8』の予約受注台数が、発売前の約3か月(9月14日の予約開始~12月10日)で、月間販売計画台数1,200台の約6倍の7,362台となったことを本日発表しました。

グレード別の予約受注構成比は、セカンドシート間に専用大型コンソールボックスを備え、本杢パネルやナッパレザーなど本物の素材にもこだわり上質さと豊かさを際立たせた「L Package」が43%、先進の安全装備を充実させた「PROACTIVE」が51%、ボディカラーでは、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、彩度や深みを増し、「魂動デザイン」の造形を質感高く際立たせた「ソウルレッドクリスタルメタリック」が13%です。

これまでの受注台数を振り返ると、スタートダッシュはどれもいいですが、じょじょに売れなくなるのは仕方がないとしても、現在のCX-3はひどいですし、デミオやアクセラもぱっとしません。CX-5だけがなんとか調子を維持しています。

CX-8はどうなるでしょう?

マツダ、新型CX-5が発売後1ヶ月で目標の約7倍となる16,639台を受注と発表
マツダは、2月2日に発売した新型CX-5の1ヶ月間の受注台数が、16,639台になったと発表しています。この台数は、月販目標の約7倍にもなります。
マツダ、新型CX-5の予約受注が9,055台であったと発表
マツダは、約1.5ヶ月間の新型CX-5の予約受注台数が9,055台だったと発表しています。
絶好調!マツダ ロードスターRFが月販目標の約10倍となる2,385台を1ヶ月で受注
マツダは、ロードスターRFの発売後1ヶ月の受注が月販目標の10倍となる2,385台をになったと発表しています。
実は好調?マツダ新型アクセラ、発売1ヶ月の受注が目標の3倍超に!
日経新聞によると、マツダ新型アクセラの発売1ヶ月の受注台数が約7,800台と月販目標の約3倍を超えたと伝えています。
マツダ新型CX-3が発売1ヶ月で10,000台以上を受注!月販目標の3倍以上
マツダが、2月27日発売した新型CX-3の累計受注台数が3月23日時点で、10,076台になったと発表しています。
マツダ新型デミオが発売1.5ヶ月で19,000台以上を受注!月販目標の約3倍
マツダが10月26日までの新型デミオの受注台数を19,233台だったと公表しています。これは月販目標5,000台の約3倍にあたり、販売が好調であることが分かります。

【MAZDA】新型「マツダ CX-8」の予約受注が好調|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする