[TAS 2018]マツダ、東京オートサロン2018の出品概要を発表

Ads by Google

マツダは、2018年1月12日から開催される東京オートサロン2018の出品概要を発表しています。発売したばかり新型CX-8のカスタマイズカーを含む全8台を展示します。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2018年1月12日~14日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2018」において、新型「マツダ CX-8」や「マツダ ロードスター特別仕様車 RED TOP」のカスタマイズカーを出品します。

今回の出展テーマは、「Be a driver. Experience ~マツダの新しいチャレンジが始まる~」です。マツダは『走る歓び』にあふれるカーライフの提供を目指しています。最新車両として3列シートクロスオーバーSUVの新型「マツダCX-8」を展示するほか、「マツダ ロードスター特別仕様車RED TOP」、「マツダ CX-5」、「マツダCX-3」、「マツダ ロードスターRF」、「マツダ ロードスターNR-A」の各車種のカスタマイズカーを展示するなど、クルマを通じてお客さまの人生を豊かにする提案を行います。

また2017年8月4日発表の初代「ロードスター」(NA型)のレストアサービスについて、担当者からご説明させていただく場を設けるほか、レストア作業中車両のホワイトボディの展示も行います。

東京オートサロン出展情報掲載ページ(マツダオフィシャルウェブサイト)

マツダ出展予定車両・展示物

  • 新型CX-8(市販車)
  • CX-8 CUSTOM STYLE 2018(参考出品)
  • CX-5 CUSTOM STYLE 2018(参考出品)
  • CX-3 CUSTOM STYLE 2018(参考出品)
  • ロードスター CUSTOM STYLE 2018 (特別仕様車RED TOP / 参考出品)
  • ロードスターRF CUSTOM STYLE 2018(参考出品)
  • ロードスターNR-A (パーティレース参加仕様車 / 参考出品)
  • 初代「ロードスター」(NA型) (レストア作業中車両のホワイトボディ / 参考出品)


【MAZDA】東京オートサロン2018 に新型「マツダCX-8」、「マツダ ロードスター特別仕様車RED TOP」のカスタマイズカーを出品|ニュースリリース


CX-5とCX-3のアルミホイールは、「WALTZ FORGED S7」ですかね?

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする