北米マツダ、乗用車にAWD仕様の追加を調査中

Ads by Google

ロサンゼルスモーターショー2017でのインタビュー記事が続きます。毛籠氏がMazda3やMazda6にAWD仕様の追加を検討していると話しています。

Speaking to media at the 2017 Los Angeles motor show, president and CEO of Mazda North America Operations, Masahiro Moro said that huge demand in the US for all-wheel drive variants of the Mazda 3 and 6 have driven the brand to investigate overcoming the current platform limitations.

“I think we are not able to combine four-wheel drive and the 2.5-litre turbo. We have a layout issue with the sedans, that’s why a four-wheel drive isn’t deployed on the Mazda 3 and 6 so far,” Moro said.

北米のAWDの需要は、(実は)とても高く、Mazda3やMazda6に対しても同様なようです。しかし、2.5LとAWDの組み合わせは、レイアウト上成立せず、提供できていないとのことです。

アメリカの東海岸では、プレミアムセダンの80から90%が、AWD仕様なんだそうです。プレミアムなブランドには、セダンにもAWDが必要であり、将来、その需要に答えられるよう開発に取り組んでいるようです。

そう言えば、国内でもAWDと2.5Lの組み合わせは無いですね。ただ、クリーンディーゼルとは可能なので、近々北米にもSKY-Dを投入するのであれば、Mazda3やMazda6にもそれなりのパワー(トルク)を備えたエンジンとAWDを組み合わせた車種を販売できるようになるでは?と思います。


Mazda investigating all-wheel drive for 3 and 6

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    遅すぎですね、4-2-1排気を変更してでも塔載すべきでした。

    北米へワゴンを導入するべきですし、デミオ/アクセラにはショートワゴンを追加してよと思っています。