北米マツダ、2017年11月のセールスレポートを発表。CXシリーズが圧倒的に売れる

Ads by Google

北米マツダが、2017年8月のセールスレポートを発表しています。新型CX-5が前年比約2割増と売れまくっています!

CXシリーズが順調に売れる中、乗用車の落ち込みが足を引っ張っていますね。ということで、11月のトピックは、

  • 新型CX-5は、11月の最高記録となる10,610台を販売。前年同月比19.7%増
  • MX-5の販売台数は、ソフトトップとRFの合算で前年同月比25.8%増の487台
  • CX-3は、同11.7%増の1,514台。CX-9は、同25.3%増の2,499台をそれぞれ販売
  • CXシリーズは、合計14,623台となり、全体の68%と乗用車との販売比率が、目標の6割を大きく超えています
  • CXシリーズのユーザーの64.4%が、AWDを選択しています


さて、新型Mazda6が、売上にどう貢献できるのか…投入は春なのでもう少し先になりますが…先になると言えば、先日の乗用車へのAWD仕様追加もどうなっていくのか、いろいろ期待したい点があります。


Mazda Reports November Sales | Inside Mazda

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする