マツダ アクセラセダン 15XDの試乗記事

Ads by Google

レスポンスにマツダ アクセラセダンのディーゼルモデルを試乗したレビューが掲載されています。

記事の主題は、「乗るならやっぱりディーゼル」です。


さて、2週間乗ったガソリン車について一言。日常生活するうえで、近距離のみの移動というのなら、十分に満足の行く性能を有していると思うが、高速を使っての長距離移動や、ドライブで山道を走行しようとすると、このパフォーマンスには物足りなさを感じてしまう。特に回転が上がるとエンジンの唸りも大きくなって、決して心地よく乗っていられるとは言い難い。

これに対してディーゼルは、元々高回転は回らないし、トルクレンジを見ても2500rpmで最大トルクのピークを過ぎるから、基本的にはそれ以上回す必要性はまず感じないし、そこまで回れば十分にパワフルかつ力強い加速感が得られる。グイグイと引っ張る様はガソリンとは比較にならないほど。

そして、記事中のメリット・デメリットを抜き出すと、

マツダ アクセラセダン 15XDのメリット

  • アクセラ用の15XDは、270Nmを発揮し、乗って楽しい。
  • 実燃費では、ディーゼルは15.6km/Lとガゾリンの13.9km/Lによりも優れている。


マツダ アクセラセダン 15XDのデメリット

  • 同じ排気量では、ディーゼルのほうが30万円弱高い。
  • 車両の価格差を燃料代で取り戻すには、相当走らないといけない。


ただ、デミオXDを乗っている身としては、それほど楽しくはないです。回すとうるさいですし、思ったよりもパワーが無いから変速が頻繁になるし…。

そして、DPF再生時の音、振動、臭いは、当然ガソリン車にはない大きなデメリットです。あとは、エンジンオイルの要求性能がとても高い。「純正以外を使って不具合がでも知りませんよ〜」という冗談が冗談に聞こえない感じです。性能が高いので価格も高いです。

アクセラ22XDだと、加速の凄さは高速道路でないと味わえないが、デメリットです(笑)。


【マツダ アクセラセダン ディーゼル 試乗】自動車としての愉しみは値段の差以上…中村孝仁 | レスポンス(Response.jp)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする