[雑感]VISION COUPEはダッシュボードもミラーレス仕様?

Ads by Google

東京モーターショー2017の記事をなんとなく見ていて、ミラーレスに関して気になる写真がありました。

RJCで部品メーカーを紹介するページでしたのような写真を見つけました。

SMRオートモーティブオペレーションズジャパン
ミラーレスサイドビューモニター
テスラモデルS(同社の社用兼実験車)のドアミラーをカメラに置き換えて、ダッシュボードの左右に配置されたディスプレイでサイド後方を映すミラーレス車。カメラ自体は固定式だが広範囲を映しており、従来の鏡面角度調整は画像処理で行っている。メリットは、ミラーよりもワイドな視認性を持ち、雨天や夜間の視認性が高い。外寸もコンパクトでデザイン性や空気抵抗低減にも貢献。

第45回東京モーターショー2017 未来が現実になった! 新時代の”夢” パーツ編|RJC 日本自動車研究者 ジャーナリスト会議

脊髄反射してしまったのが、VISION COUPEのデザインです。メーターの右側が、デッドスペース(?)になっているように見えるのですが、実は、右側の視界を映すモニターが入るとかですか?

マツダが、電子ミラーモニターの特許を取得していました。この説明図では、主に左側の視界についてふれていたのですが、左右対称に拘っている点からすると、この「デッドスペース(?)」辺りにモニターが入るのが順当のようにも思えます。

マツダ、電子ミラーモニターの特許を取得、実用化も近い?
マツダは、電子ミラーの映像を映すモニターに関する特許を取得しています。

ただ、そう思って魁 CONCEPTを見ると、メーター右側には、送風口の上に細長い異型のスペースしか無いんですよね。

後方から接近する車両などを把握するのであれば、BSMとADD(HUD)で事欠かないですし、駐車時も360°ビューモニターがあれば、不自由しないのかな? すると、電子ミラーモニターって実はそれほどしっかりと映らなくても不便じゃなかったりするのかな??(小さいスペースでもOK?)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする