マツダ、ロードスターを商品改良。特別仕様車「RED TOP」も発売

Ads by Google

マツダは、ロードスターならびにロードスターRFに商品改良を実施。特別仕様車「RED TOP」を追加しています。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」、「マツダ ロードスター RF」の商品改良車及び特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」を全国のマツダ販売店を通じて本日から予約を開始し、12月14日に発売することを発表しました。

4代目ロードスター発売後初となる商品改良及び今回の特別仕様車では、機能と質感を進化させ、ドライバーが感じるクルマを楽しむ感覚をさらに高めました。

ロードスター開発主査兼チーフデザイナーの中山雅は次のように述べています。「ロードスターは初代モデルから一貫して、『だれもがしあわせになる』ために造り続けてきたクルマです。その思いのもと4代目として初めての商品改良を行いました。これからも、お客さまに『感動』を提供し続け、このクルマを通して豊かな生活を楽しむ『文化』を創造できるよう、進化に挑戦し続けます。」

ロードスター、ロードスターRF商品改良の概要

ソフトトップ/リトラクタブルハードトップ(RF)F共通

装備の質感、オープン走行時の快適性を向上
  • リアコンソールボックス(キー付)内部床面に遮音マットを追加、小物類の転がり音を低減
  • 布シートにシートヒーターを設定
  • サンバイザーに表皮巻タイプを設定

新ボディーカラー3色を採用
  1. ソウルレッドクリスタルメタリック

  2. スノーフレイクホワイトパールマイカ

  3. エターナルブルーマイカ

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)を新採用
  • 夜間でも安全・安心な運転環境を提供

ソフトトップモデル

走りの質感を向上
  • リアサスペンションやステアリングフィールを改良、あわせて静粛性も向上させることにより快適なドライビングを実現

メーターの視認性を向上
  • タコメーターの文字に白印刷を追加し、LEDによる発光と共に発色を改善、主に昼間走行時のタコメーターの視認性を向上

新ボディーカラー採用
  • マシーングレープレミアムメタリックを新採用

特別仕様車「RED TOP」の商品概要

  • 新採用のダークチェリー色のソフトトップとオーバーン(赤褐色)のインテリア
  • ボディカラーとダークチェリーソフトトップの2トーンカラーのコントラストを際立たせる、ボディと同色のドアミラー
  • 特別感を演出する、深みと輝きが美しい高輝度塗装16インチアルミホイール
  • 柔らかく質感の高いナッパレザーシート
  • 注文受付は2018年3月31日まで
  • ベース車「S Leather Package」


【MAZDA】「マツダ ロードスター」、「マツダ ロードスター RF」を商品改良|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする